日本一売れるお茶「爽健美茶」

日本一売れるお茶「爽健美茶」

爽健美茶(そうけんびちゃ)は、日本コカ・コーラが販売している清涼飲料水です。1993年に「茶流彩彩 爽健美茶」として発売されました。商品名は「爽やかに、健やかに、美しく」からきています。日本のブレンド茶市場の72%を占めている人気1位の商品です。なお、2位は十六茶です。

爽健美茶について

原材料に緑茶、ハトムギ、大麦、チコリー、玄米、ドクダミ、はぶ茶、プーアル茶、キヌア、明日葉、大麦若葉、発芽玄米の12種類の素材を使用しています。当初はアサヒ飲料の十六茶の対抗商品として企画されたのですが、ライバルの売り上げを上回る大成功を収め、定番商品として茶飲料の一大メガブランドに成長しました。コンビニエンスストアでは、取扱いのない店舗がないとまで言われるほどの流通量で、そのため愛好者も多いです。自動販売機などでは、夏季には甘いコーヒーやジュース類よりも好まれるため、看板商品のコカ・コーラやジョージアよりも多く並んでいることもあります。2007年2月に初の季節限定品「ビューティープラスシリーズ」を立ち上げ「オリエンタルスタイル」を発売しました。以降も同年6月に「ヴィーナスホワイト」、同年9月に「オータムヴィーナス」、同年11月に「ウィンターヴィーナス」が順次発売されました。2008年も「ビューティーリゾートシリーズ」として派生シリーズが設定され、2月に「オリエンタル・フラワー・リゾート」を、同年6月には「オーシャンブリーズ」が発売あれました。同年8月、「爽健美茶 五穀」を発売。大麦、玄米、大豆、あわ、きびの5種類の穀物で構成されており、食事との相性を考え、美味しさを引き立てるというコンセプトで開発されました。「爽健美茶」にはわずかながら原材料由来のカフェインが含まれていますが、こちらの製品には茶葉が一切含まれていないため、カフェインやタンニンは入っていません。2009年8月には男性向けの製品「爽健美茶 黒冴(くろさえ)」を発売しました。烏龍茶の一種である武夷岩茶(ぶいがんちゃ)をベースに、黒豆、黒ゴマ、黒米の黒素材やプーアル茶、発芽玄米など9種類をブレンドした濃いめの味わいとなっていました。2013年4月には発売20周年の節目を迎えるにあたり、黒ゴマとヨモギを加えてよりスッキリとした味わいとし、緑茶やプーアル茶を省いたことでカフェインゼロ設計になった「爽健美茶 すっきりブレンド」を発売しました。その際、現行の「爽健美茶(いままでの味)」も併売し、消費者からの投票でより多くの支持を得た製品を今後の「爽健美茶」として発売するキャンペーンとして「爽健美茶 国民投票」が行われました。同年5月20日の結果はpp等で新たに発売された「爽健美茶すっきりブレンド」がより多くの支持を集めたため、2013年度の「爽健美茶」とすることとなりました。

原材料

  • 爽健美茶すっきりブレンド
  • はとむぎ
  • 玄米
  • 大麦
  • なんばんきび
  • 黒ゴマ
  • どくだみ
  • はぶ茶
  • チコリー
  • 月見草
  • 大麦若葉
  • 明日葉
  • よもぎ
  • 爽健美茶 黒冴
  • ウーロン茶
  • プーアル茶
  • 緑茶
  • 玄米
  • チコリー
  • 黒豆
  • 黒ゴマ

歴史

1993年
・・・茶流彩彩ブランドより販売開始。当初は340g缶のみの設定で、九州地区限定のテスト販売だった。
1994年
・・・全国発売し、190g缶と2Lペットボトルを追加。
1997年
・・・500mlペットボトルを追加。
1999年
・・・大ヒットを記録し、茶流彩彩ブランドから独立。
2002年
・・・パッケージ変更。
2004年
・・・モデルチェンジが行われるとともに「爽健美茶緑茶ブレンド」販売開始。
2005年
・・・ホット用の新製品「深み香ばし爽健美茶」販売開始。
2006年
・・・発芽玄米・大麦若葉・明日葉・キヌアを加えてリニューアル。500mlペットボトルは握りやすさを追求した「フィットボトル」となる。
2007年
・・・期間限定品「ビューティープラスシリーズ」を順次発売。
2008年
・・・派生シリーズ「ビューティーリゾートシリーズ」を順次発売。
2009年
・・・発売15周年を記念し、500mlペットボトルに1999年当時、2002年当時、2004年当時のラベルデザインを再現した復刻ラベルを数量限定で販売。初の男性向け商品「黒冴」を発売。
2010年
・・・ホット専用の新製品「香りと深みの爽健美茶を発売、「黒冴」は黒豆・黒ゴマ・黒米の増量と烏龍茶に黄金柱を追加するリニューアルを実施。アメリカでも「爽健美茶」の発売が開始される。
2011年
・・・リニューアル発売。大麦若葉と明日葉を新たに加える。
2013年4月
・・・「爽健美茶 すっきりブレンド」を発売。本製品を「あたらしい味」、併売されている現行品の「爽健美茶」を「いままでの味」とし、消費者からの投票で「爽健美茶」の今後を決める「爽健美茶 国民投票」を実施。
2013年5月
・・・「爽健美茶 国民投票」の結果、「爽健美茶 すっきりブレンド」が多くの支持を得て2013年度の「爽健美茶」とすることが決定。
2014年
・・・全国発売20周年を記念して、1994年発売当時のパッケージデザイン並びに味わいを再現した「爽健美茶 復刻ブレンド」を期間限定で発売。素材も1994年発売当時と同じ10種類をブレンドしている。
 
 
異物混入事件
2008年4月、花王の緑茶製品ヘルシアに除草剤の成分である「グリホサート」が検出される事件がありました。それに続き爽健美茶にも2度、同じ手口と思われる形でグリホサートが検出されました。いずれもそれを飲んだ人の体調不良の訴えがあり、通報の後発覚しました。飲料を製造する工場ではそもそも除草剤に類するものを扱っていないため、第三者による混入が疑われましたが、警察のこれまでの捜査において原因や犯人につながる証拠は見つかっていません。

歴代イメージキャラクター

  • 1995年・・・こずえ
  • 1996年・・・本上まなみ
  • 1997年・・・未希
  • 1998年・・・小雪
  • 2001年・・・富永愛、滝沢沙織、松下奈緒
  • 2002年・・・川原亜矢子
  • 2003年・・・常盤貴子、伊藤英明
  • 2004年・・・中島美嘉
  • 2005年・・・矢田亜希子
  • 2006年・・・キム・テヒ、栗山千明、荒川静香
  • 2007年・・・相沢紗世、長谷川潤、上原多香子
  • 2008年・・・杏、すみれ、佐々木希、VANESSA
  • 2009年・・・竹野内豊、福原美穂、杏
  • 2010年・・・宮崎あおい
  • 2011年・・・武井咲
  • 2012年・・・武井咲
  • 2013年・・・綾瀬はるか